所有する不動産を売却するなら

マンション運用維持管理コストの積立金

所有している不動産を利用して暮らしている場合は問題ありませんが、離れた場所で暮らしていたり、これから足を運ぶ機会が減りそうだという場合は、売却か賃貸活用を検討したほうが良いでしょう。
自分が所有しているマンションの場合は、築年数が10年を超えて設備機器類の経年劣化が目立ってきた頃から検討するのがコツです。
家賃を支払い続けていても損失なのではないかと感じたのでマンションを購入していたのですが、実際に購入して暮らし始めてみると管理費が必要であることが判明しました。
管理費は清掃や修理修繕コストとして把握していたのですが、現実には管理組合の運営費も含まれていて、建物の維持管理コストのためと言うよりもマンションを運用するための要素が強かったという印象です。
外壁塗装の劣化を実感するようになったのは電気代が高くなってきたと感じたときなので、断熱効果が弱まったのだろうと判断しました。

マンション運用維持管理コストの積立金マンション管理組合の運営ポイント手数料も含めた税金シミュレーションが重要

不動産の売却不動産売却・査定情報